welcome
今月のスケジュール
前月2017年 10月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今日>
ログイン
ユーザー名:
パスワード:


パスワード紛失 |
トップ  >  ドキュメント  >  入会について

入会について

[総記事数:5] [総サブカテゴリー数:0]

header

 このページでは森羅への入会についてご説明します。
入会には(1)入会説明会への出席、(2)ビジター山行、の2つに参加する必要があります。
ビジター山行参加希望者は、事前に入会説明会出席が必要です。
不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 

問い合わせ

(1)入会説明会内容
 1.森羅入会方法→入会手順
 2.ビジター山行について→直後開催のビジター山行説明等あり
 3.森羅の活動内容について
 4.その他、質問等の回答

(2)ビジター山行内容
 1.基本的に簡単なハイキング程度の日帰りの山登り
 2.入会希望者と森羅会員の顔合わせ的な集まり
 ※詳細は「ビジター山行」ページを参照ください。

footer

  •  森羅では「より高みを目指す」という理念に基づき、様々な登山形態における技術の習得・鍛練を行っています。 基本的には「レベルアップを目的とした山行」が主体となり、ハイキング・クラブや初心者向け登山教室あるいは公募登山とは明らかに一線を画した運営・活動をしています。

     入会後は、森羅を形成する会員としての自覚を養い、会としての活動に積極的に参加してもらえる人を優先的に募集します。

    登山経験は不問

     入会に際して登山経験は問いません
     まったくの初心者の方、歓迎します。入会後、登山技術を身につけてください。
     勿論、エキスパートの方の入会も歓迎します。
     特に入会前に山行経験を多く積んでいる方へのお願いですが、

     ★入会前の山歴・登山技術力には一切関係なく、入会後は森羅の新人(準会員)として対応します。
     ★20代リーダーの指示に従っていただきます。
     ★山行での装備分担、体力・待遇共に年齢・登山技術に関係なく対応いたします。
     ★他の山岳団体(山岳会や山のサークル)に所属している方は入会できません。
     ★たとえ経験豊富な方でも、入会後しばらくは個人山行の制約を受けます。
     (岩登りや冬山登山は審査の対象であり、新人がそれらを実施する事は原則としてできません)

    森羅の山行形態

     森羅の山行形態(どのような山登りを実践しているか)は、オールラウンドを目指しています。 これは岳人である以上は、どのような山登りもこなすだけの実力を養うべきだという考えからです。また会で主催する会山行は技術力や体力を高める為のトレーニング山行が主体となります。

    あなたの求める山登りと、我々森羅が実践する山登りにギャップはありませんか?

    その事をよく考えて、入会願の提出をしましょう。

    【注意】
    ビジター山行は通常の会山行とは異なります。 会山行の内容については、山行一覧表などを参照して判断してください。

    会行事とは?

    1.合宿山行(春・夏・冬)※年3回
    2.会山行(月1回程度)
    3.総会(年1回)と月例会(月1回)
    4.その他の会主催行事(万象祭、各種机上講習会、上部団体主催行事への派遣等) ※合宿及び長期の会山行期間中は個人山行自粛となります。→ 「森羅について-森羅細則

    入会希望者も、まったくの初心者からエキスパートなど様々ですが、まずは森羅がどういう山岳会であるかを、初めに知って頂きたいと思います。
    その為の「体験山行」という意味でビジター山行を実施しています。
    また山岳会の仕組み決まり事、そして森羅会員としての活動等々、森羅入会に関する説明会を実施します。

    ★ビジター山行の参加方法は左記をご覧下さい。→ 「ビジター山行について
    ★入会説明会日程は左記をご覧ください。 → 「入会について

    入会説明会

     森羅では、入会希望者対象の入会説明会を開催しています。これは、当会の趣旨や入会後の活動内容などを十分理解せずに入会し、結果として退会した会員が、過去に複数名存在したからです。
    これらの事(趣旨や活動内容)は、当ホームページをご覧になれば理解できる事柄であると思いますが、あえて口頭あるいは書面にて、入会希望者の方達に理解していただく為に、説明会を実施します。

    会員資格

     新規入会者は"準会員"となります。
     準会員は、規定の条件をクリアーすると"正会員"となります。(5月総会にて決定) → 「森羅について-森羅細則

     準会員は、登擧・積雪期登山に関して制約を受けます。

    ※例えば、新人をいきなり岩登りに連れて行く事はしません。技術的なトレーニングを積む事はもとより、何より重要な精神面や仲間意識作りなど、少なくとも1年程度はかけてトレーニングを積みます。(入会前の登擧等経験者も同様の扱いです) また、個人山行も同様の扱いです。

    ※永年準会員のままでも在籍OKです。

    山での事故(危険)に関して

     山岳登山は危険を伴う行為です。 当会は安全登山の為の努力として、上部団体の各種技術講習会及び遭難対策関係講習会への積極的な参加、会主催での技術及び遭難対策講習会、新規技術の研究、等々を実施しております。

    しかしそれでも100%の危険回避は不可能です。 また万が一発生した事故に関して、会としてできうる最大限の援助(救出・捜索活動)を実施しますが、社会人山岳会=成人自主登山という範疇から、会として取りうる責任には限度があります。 会員各自が危険地域へ出向くという事を十分に認識してください

    また同様の意味から、会員家族にも会員自身の登山は自ら望んで行う危険行為である、という説明を怠らない様にお願いします。

     関連HPリンク→ 登山事故の法的責任について考えるページ (Somiya氏)

  • 第一条件

     森羅の会山行に参加できる体力と、一般的な団体行動がとれる協調性がある事が入会いただくための第一条件となります。

    入会時の年齢が38才以下であること  (※2002年度より実施)

     年齢制限に関しては、38才を上限の目安とします。
    これは、今後とも20代から30代前半の年齢層を中心にした活動を実施する目的があるからです。

    イベントに定期的に参加すること

     森羅は、月1回程度の会山行を実施しています。
    少なくとも年に数回は会山行に参加できる様にしてください。
    また実際に登山をする会山行の他に、例会(横浜にて最終水曜日の夜開催)、
    その他不定期の机上講習会、年に1回の総会などの集会があります。
    会山行、集会共に、長期間欠席する事の無いようにしてください。

    入会後、早い時期で退会しないこと

     せっかく入会しても、早い時期で退会する方がいます。
    退会者は、当会の趣旨を十分に理解せずに入会した方がほとんどです。
    入会については十分に検討し、やむを得ない理由を除いて、早期の退会はひかえてください。

    ※会員は新人教育に時間を割きます。無駄な時間を使わせないでください。
    ※登山技術を覚えたら退会するつもりの方は入会しないでください。

    Eメール所有者であること

     会又は会員からの各種連絡については、Eメールを使用しています。
    その為、会員は原則としてEメール所有者となります。
    フリーメール/携帯メールは不可。プロバイダーのPCメールを使用してください。
    また少なくとも2~3日には一回、Eメールを読んでください。
    ※会員専用MLは、月平均40通ほどが配信されています。



    以上の事柄をご理解の上、十分に入会の検討をしてください。

    ★ビジター山行の参加方法はこちらをご覧下さい。 → 「ビジター山行について
    ★会の規約等についてはこちらをご覧下さい。 → 「森羅について-森羅会則」、「森羅について-森羅細則
  • 会員募集期間:2月1日~9月末まで

    10月1日からの入会希望者は翌年の3月までお待ちいただくことになります。
    但し、中止期間中でも、入会のお問い合せ等、メールでの対応はさせていただきます。
    又、例会見学も受付致します。

  • 1.問い合わせにて入会希望 or ビジター参加希望を送る
    2.入会説明会に参加する
    3.ビジター山行に参加する
    4.入会の意志が固まった時点で、森羅事務局(代表)宛に入会願を提出する
    5.森羅委員会での審査(約1週間)により、正式入会決定   
       ※委員会での審査により、入会できない場合もあります。
    6.入会決定後、会費と山岳保険を納入する
    7.森羅事務局(代表)宛に会員原簿登録用の会員名簿届を提出する

    ※入会までの間、例会等の見学もできます。
         → 問い合わせ

  • ・入会金:1000円
    ・会費:1000円/月 但し、1年分全期前納(中途入会者は入会月より計算)
    ・山岳保険:日山協・山岳共済の加入 →  5,580円~19,090円 /年額(掛け捨て)

     日本山岳協会 団体傷害保険
     http://www.jma-sangaku.or.jp/kyosai/insurance/type/


作成:2015/5/4 15:00:41  更新:2016/1/23 2:27:50