welcome
今月のスケジュール
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今日>
ログイン
ユーザー名:
パスワード:


パスワード紛失 |
トップ  >  ドキュメント  >  入会について  >  入会に際して
[タグ] 入会条件 / 説明会 / 会員資格 /

入会に際して

 森羅では「より高みを目指す」という理念に基づき、様々な登山形態における技術の習得・鍛練を行っています。 基本的には「レベルアップを目的とした山行」が主体となり、ハイキング・クラブや初心者向け登山教室あるいは公募登山とは明らかに一線を画した運営・活動をしています。

 入会後は、森羅を形成する会員としての自覚を養い、会としての活動に積極的に参加してもらえる人を優先的に募集します。

登山経験は不問

 入会に際して登山経験は問いません
 まったくの初心者の方、歓迎します。入会後、登山技術を身につけてください。
 勿論、エキスパートの方の入会も歓迎します。
 特に入会前に山行経験を多く積んでいる方へのお願いですが、

 ★入会前の山歴・登山技術力には一切関係なく、入会後は森羅の新人(準会員)として対応します。
 ★20代リーダーの指示に従っていただきます。
 ★山行での装備分担、体力・待遇共に年齢・登山技術に関係なく対応いたします。
 ★他の山岳団体(山岳会や山のサークル)に所属している方は入会できません。
 ★たとえ経験豊富な方でも、入会後しばらくは個人山行の制約を受けます。
 (岩登りや冬山登山は審査の対象であり、新人がそれらを実施する事は原則としてできません)

森羅の山行形態

 森羅の山行形態(どのような山登りを実践しているか)は、オールラウンドを目指しています。 これは岳人である以上は、どのような山登りもこなすだけの実力を養うべきだという考えからです。また会で主催する会山行は技術力や体力を高める為のトレーニング山行が主体となります。

あなたの求める山登りと、我々森羅が実践する山登りにギャップはありませんか?

その事をよく考えて、入会願の提出をしましょう。

【注意】
ビジター山行は通常の会山行とは異なります。 会山行の内容については、山行一覧表などを参照して判断してください。

会行事とは?

1.合宿山行(春・夏・冬)※年3回
2.会山行(月1回程度)
3.総会(年1回)と月例会(月1回)
4.その他の会主催行事(万象祭、各種机上講習会、上部団体主催行事への派遣等) ※合宿及び長期の会山行期間中は個人山行自粛となります。→ 「森羅について-森羅細則

入会希望者も、まったくの初心者からエキスパートなど様々ですが、まずは森羅がどういう山岳会であるかを、初めに知って頂きたいと思います。
その為の「体験山行」という意味でビジター山行を実施しています。
また山岳会の仕組み決まり事、そして森羅会員としての活動等々、森羅入会に関する説明会を実施します。

★ビジター山行の参加方法は左記をご覧下さい。→ 「ビジター山行について
★入会説明会日程は左記をご覧ください。 → 「入会について

入会説明会

 森羅では、入会希望者対象の入会説明会を開催しています。これは、当会の趣旨や入会後の活動内容などを十分理解せずに入会し、結果として退会した会員が、過去に複数名存在したからです。
これらの事(趣旨や活動内容)は、当ホームページをご覧になれば理解できる事柄であると思いますが、あえて口頭あるいは書面にて、入会希望者の方達に理解していただく為に、説明会を実施します。

会員資格

 新規入会者は"準会員"となります。
 準会員は、規定の条件をクリアーすると"正会員"となります。(5月総会にて決定) → 「森羅について-森羅細則

 準会員は、登擧・積雪期登山に関して制約を受けます。

※例えば、新人をいきなり岩登りに連れて行く事はしません。技術的なトレーニングを積む事はもとより、何より重要な精神面や仲間意識作りなど、少なくとも1年程度はかけてトレーニングを積みます。(入会前の登擧等経験者も同様の扱いです) また、個人山行も同様の扱いです。

※永年準会員のままでも在籍OKです。

山での事故(危険)に関して

 山岳登山は危険を伴う行為です。 当会は安全登山の為の努力として、上部団体の各種技術講習会及び遭難対策関係講習会への積極的な参加、会主催での技術及び遭難対策講習会、新規技術の研究、等々を実施しております。

しかしそれでも100%の危険回避は不可能です。 また万が一発生した事故に関して、会としてできうる最大限の援助(救出・捜索活動)を実施しますが、社会人山岳会=成人自主登山という範疇から、会として取りうる責任には限度があります。 会員各自が危険地域へ出向くという事を十分に認識してください

また同様の意味から、会員家族にも会員自身の登山は自ら望んで行う危険行為である、という説明を怠らない様にお願いします。

 関連HPリンク→ 登山事故の法的責任について考えるページ (Somiya氏)


作成:2015/5/4 14:59:54  更新:2016/1/23 2:26:13