welcome
今月のスケジュール
前月2018年 8月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
ログイン
ユーザー名:
パスワード:


パスワード紛失 |
トップ  >  ドキュメント  >  申請書類  >  【入会後】 共同山行合意書
[タグ] 入会後 / 共同山行合意書 / 申請書 /

【入会後】 共同山行合意書

共同山行合意書 提出における注意事項

共同山行合意書は、他の山岳会との合同山行時(バリエーション限定)に代表へ提出します。

共同山行合意書 テンプレート

       以下の書式(枠で囲んだ部分)をコピーし使用してください。


          [ 共 同 山 行 合 意 書 ]

山岳会・森羅と_______は、共同で行う登山について、以下のとおり合意した。
共同で行う登山とは、両山岳会に所属する会員が同じ登山隊として登山を行うことを いう。

第1条 本合意書の有効期限は、合意の日から平成__年__月末日までとする。
   2. 前項にかかわらず両山岳会は、文書で通知する事によって一方的に本合意を破棄できる。

第2条 隊長の所属する会が自会の山行として運営し、登山本部は隊長の所属する山岳会に設置する。
   2 登山本部は、山行の管理・遭難対策(救助隊派遣等)をおこなう。
   3 登山本部は、登山本部を置く山岳会の規定に従って、共同山行の参加者へ山岳保険
     などへの加入を要求することができる。

第3条 両山岳会は、自会会員の共同山行への参加可否の承認に関する権限を有する。

第4条 隊長は両山岳会及び登山本部の指定する所に、登山計画書を提出しなければならない。

第5条 隊長は、登山終了後直ちに登山本部(留守本部)に下山した旨を連絡しなければならない。

第6条 下山予定日の22時までに下山連絡の無い場合は、
    登山本部は双方の山岳会の指定する所に通知し、
    非常事態を考慮した対応をとらなければならない。

第7条 非常事態の発生に当たっては、救助隊(救助隊、現地対策本部)派遣の決定、指揮権限は、
    隊長所属山岳会に一任する。

第8条 非常事態の発生に際して、救助隊派遣等の対応が必要な場合、
    双方の山岳会は協力をすることとする。

第9条 救助活動等要した費用は、事故者の人数割りとし、
    事故者の所属する山岳会の規定によって処理する。

第10条 この同意書に定めの無い事項については、双方の山岳会が協議して決定する。


平成  年  月  日                 名称
                           代表者氏名
                           会事務所

                           名称
                           代表者氏名
                           会事務所

以上


作成:2015/5/5 0:04:56  更新:2016/1/23 20:32:35