welcome
今月のスケジュール
前月2018年 6月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今日>
ログイン
ユーザー名:
パスワード:


パスワード紛失 |
トップ  >  ドキュメント  >  申請書類  >  【遭難】 緊急時対応マニュアル
[タグ] 遭難 / 緊急時対応マニュアル /

【遭難】 緊急時対応マニュアル

遭難対策等に役立てていただければ、転載・転用・コピー等はフリーとします。
但し、以下の項目をまもってください。

1.原文をそのまま使用する場合は、"制作:山岳会・森羅"を明記してください。

2.内容の一部変更の場合は出来ればご連絡下さい。
 ※上記内容が完成品とは考えておりません。追加・変更がよいと考えた項目については、
 他団体の皆様のご意見を取り入れて、検討及び変更を随時して行きたいと考えています。

3.上記の緊急時対応マニュアル及び[遭難対策系統図]を使用しての他団体の遭難救助時における
  いかなる責任も取れません。各団体での自己責任としてください。

4.使用の祭には、ご連絡いただければ幸いです。ご意見等、お寄せ下さい。

1.遭難等、緊急時対応マニュアル

       作成:山岳会・森羅
       緊急時とは下記の事をいう。

[S:遭難]
 悪天遭遇やルート判断ミスなどにより行方不明となった場合。
また、メンバーの 怪我・病気による死亡や負傷で山行パーティの全員あるいは一部に生命の危険があ る場合等で、パーティ単独での行動が困難であり、山行パーティ及び山岳会単位で の救援活動では対応ができない状態を遭難という。

[A:緊急時]
 山行パーティ独自での行動は困難であるが生命に危険が及ぶ状況でなく、山岳会 単位での救援または現地応援で対応できるものを緊急時という。
※現地応援→現地で山行パーティ外の応援(小屋・他の山行パーティ等)

[B:障害発生時]
 生命に及ぶ危険は無いが、山行パーティの全員あるいは一部が予定行動を中断し て下山するような状況で、山行パーティ単位での対応により対処できるものを障害 発生時という。

[C:予定変更]
 緊急時とは区別するが、何らかの状況が発生し予定されたルート等を変更する時。

以下に[S:遭難時]の対応を記す。

2.【S:遭難時対策】山岳会用

       1.遭難等緊急事態の発生

1-1.遭難発生と対策本部の設置
 事務局宛入山表提出の山行において、下記の項目にあたる状況が発生した場合、
事務局はL会及び代表へ連絡。事務局・ L会・代表による協議の結果、対策本部を設置することができる。

1)下山予定日の22時~すぎても下山報告が無く、本人への連絡もつかず、
  本人から家族等への連絡もない時。
2)山行パーティより緊急事態発生(S遭難)の連絡があった時。
3)現地関係各所(警察・救助隊等)から事故発生の連絡があった時。
4)その他異常事態が発生したと考え得る時。

1-2.遭難時における会及び一般会員の対応
 遭難等緊急時発生により対策本部が設置された場合は、
すべての会行事(会山行 含む)・個人山行等の予定を中止または延期する。
また在宅会員は個人のできうる 範囲でこれに協力する。



       2.対策本部の役割

2-1.対策本部  対策本部長は会代表とする。
代表不在の場合は、チーフリーダー、リーダー会員 内の適任者、事務局または委員会メンバー内の適任者、一般会員内の適任者の順で これを代行する。また上部団体が対策本部を設置した場合は、その傘下に入る。
また、活動においては、事前に遭難当事者家族(個人別緊急時連絡先等)の了解を得る事が望ましい。

2-2.対策要員の徴集
 対策本部は緊急時連絡網により全会員に発生した遭難事故を連絡する。
その際、対策本部へ参加できるかどうかの確認を行い、現地要員・留守宅本部要員の人数把 握をする。
→要員名簿の作成

2-3.関係各所への初動連絡
 現地、警察・消防・山岳救助隊等へ事故発生(又は行方不明)を連絡。
以後、現地での救助活動等は現地関係各所の指示に従う。
また同内容を上部山岳団体へ連絡、状況に応じて所属団体傘下の山岳会への救援要請(現地要員及び本部要員の応援)をする。

2-4.対策本部要員の役割分担

2-5.救助活動
 実際の救助活動は現地の公的な救助隊の傘下に入り指示に従う。また救助隊要員は、登山・救助法等の技術力や体力・精神的な負担等を把握し、無理な行動をしない。救助活動中は、入山の実働部隊・現地本部・対策本部の連絡を密にし、家族や留守本部での状況把握を明確にする。

2-6.長期に及ぶ救助活動(山岳会単位)
 公的な救助活動が中止となった場合、所属山岳会単位での捜索活動の継続は、当事者家族と協議のうえ決定する。この場合、長期間での捜索活動を念頭に置いた対策本部を再編成する。

2-7.事後処理
 遭難者の発見と救助の完了。または行方不明による捜索打ち切り等により、下記の事後処理を行う。
1)捜索費用の収支決算
2)今後の遭難対策協議
3)遭難事故報告書の作成
4)関係各所(上部山岳団体・応援山岳会等含む)への挨拶及び報告

2-8.解散
 対策本部は上記事後処理を行った後、解散する。



       3.遭難等緊急時対策費用

3-1.収入
1)当事者の負担金(本人又は家族)
2)遭難対策積立金(森羅)
3)山岳共済保険(日山協)
4)その他の収入(支援金等)

3-2.支出
1)対策本部運営費(他の団体からの応援含む現地要員の交通・宿泊費、食糧含む装備等)
2)外部団体捜索費用(地元救助隊の日当・民間ヘリコプターのチャーター費等)
3)遭難事故報告書の作成費 4)その他の支出(関係各所へのお礼等)

3-3.遭難対策積立金について
 緊急時の発生により必要と思われるとき、会代表または対策本部長の判断により遭難対策積立金の使用ができる。使用規定等は別途定める"遭難対策積立金(細則)"による。

付属資料1 【山行連絡メモ】

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
                      [  月  日  時  分]

[重要度]※S遭難/A緊急時/B障害発生時/C通常

[連絡者]

[現在地]

[連絡事項]






///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

       ※山行連絡メモの使用例
 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
                           [×月×日×時×分]
[重要度]B
[連絡者]川名(槍穂隊L)
[現在地]槍沢ロッジ
[連絡事項] ◎B隊(L中山)に連絡請う
内容→本体は悪天の為キレット通過を断念し槍ヶ岳のみ登頂後、本日は横尾泊
     できればB隊も本日中に横尾に下山し、本体に合流すべし。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
※遭難事故発生時などは、重要度がSとなり、
  連絡事項に事故の内容や発生場所・負傷者氏名等、留守宅(事務局&L会)への要請内容などを明記。

       1999.7/31 作成:川名 ※1999.8/02~03→L会にて検討・修正 正式承認済(8/03)

作成:2015/5/5 0:15:09  更新:2016/1/23 20:57:38