ウィンドウを閉じる

丹沢・水無川源次郎沢(2020/06/07)





information‎
管理ID1228
種別会山行
日付2020/06/07
日数1
人数4
山域関東-丹沢
山行名丹沢・水無川源次郎沢
リーダ*****
参加者*****
難易度初級
登録日2020/06/13
更新日2020/06/13
Keyword
山行形態
山行カテゴリ
  • 会山行

登録者コメント
2020-06-13
08:36
09:34 入渓
09:45 本谷分岐
10:56 F4 10m
(先行パーティー待ち→高巻き)
11:37 高巻きから再入渓
11:41 F5 12m
(先行パーティー待ち)
12:52 F5通過
13:10 F9 8m
15:04 花立山荘

山岳会とおぼしき6人パーティーに先行され終始待たされる。皆関西弁を話すのであちら方面からやってきたパーティーなのだろう、リードもルートファインディングに時間がかかるし、一人一人の確保に時間がかかるし、それぞれ攀じるのも遅い。こんな状態でなぜ6人もの大人数で沢登りに来るのか?
F4で待たされてイライラして、右岸を高巻いて追い越そうとするも懸垂下降中に先行パーティーが行ってしまう。怒りマックス。
結局F5でも1時間近く待たされたのだが、ここは高巻くにはもったいなさすぎるのでぐっとこらえて昼食にして待つ。F5は滝の落口付近がやや悪い。また2ピン目も遠いので注意が必要。先行パーティーも苦労していた。
3ヶ月ぶりの山で最後の詰めはキツかった。ヤブこぎしなくてよいのだが、傾斜が急で砂地がずるずる滑る。花立山荘からみな悲鳴を上げながらバカ尾根を下山。
ウィンドウを閉じる