ウィンドウを閉じる

唐松岳・五竜岳(2014/05/03)

五竜岳はとてもスリリングでした
五竜岳はとてもスリリングでした
唐松岳頂上
唐松岳頂上
雷鳥にも会えました
雷鳥にも会えました

information‎
管理ID740
種別会山行
日付2014/05/03
日数3
人数7
山域甲信越-北アルプス
山行名唐松岳・五竜岳
リーダ*****
参加者*****
難易度初級
登録日2014/05/05
更新日2014/05/11
Keyword
山行形態
  • 春山
  • 縦走
  • 雪山

コースタイム/コース状況/その他周辺情報/感想
2014-05-05
13:14
積雪期は初めての後立山。八方ゴンドラリフトで一気に標高を稼いだ。
白馬岳が美しく見えた晴天は一転して雨・霰の悪天になった。体温が奪われる中、急遽ビバークを決断し、テントを設営し、防風壁を作った。
二日目は晴天の中、唐松岳の山頂を極め、五竜山荘を目指し縦走した。牛首の岩稜帯ではバランスに注意しながらドキドキして通過した。
五竜岳では今まで経験した事のない急傾斜に緊張して登頂した。下りはフィックスを張り一歩一歩確かめながら下山した。
入山前は軽い行程と考えていたがなかなかどうして充実の三日間となった。

【山行記録】
5/3(土) 晴れ時々雨
7:35五竜ゴンドラみなと駅駐車場
8:00神城駅
8:25白馬駅
9:00白馬八方ゴンドラリフト集合
9:25出発 ゴンドラ、リフト、リフト、
10:30八方池山荘発(20℃)
11:30休憩ー11:49出発
12:34 小雨 カッパ&ヤッケ (8℃)
13:00休憩 雨本降り
14:00雨、霧の為、途中でテント設営
17:00夕飯 豚肉きのこ鍋
20:00消灯

5/4(日)晴れ
05:00起床
05:30朝食
07:10テント撤収、出発。5℃、アイゼン・ピッケル
07:50唐松山頂小屋、休憩。荷物デポ。
08:20発
08:40唐松岳山頂
09:15唐松山頂小屋
09:52唐松山頂小屋発、アイゼン脱着数回
11:45休憩ー12:00発
12:50休憩ー13:00発
14:00休憩ー14:10発
14:45五竜山荘、休憩。荷物デポ。
正会員:五竜山頂準備
準会員:テント設営
15:20五竜山荘
16:45五竜岳山頂
18:00五竜山荘
18:30夕食。豚の角煮丼、ワカメスープ
20:30就寝

5/5(月)くもり
04:00起床
04:50朝食。テント撤収。
06:10五竜山荘発
07:25休憩ー07:40発
08:25休憩ー08:35発
10:00五竜スキー場ゴンドラ アルプス平駅着
ウィンドウを閉じる